愛人も立派な仕事です

私は愛人に抱くイメージとしては、愛人としても立派な仕事ではないかと思うようになっています。
そのように思っているのは、愛人としてその人が長く愛されるために、いろいろな努力をしていると思うからです。

 

愛人というのは、相手の人に迷惑をかけてはいけないと思ったりしています。
そのように思っているのは、愛人として付き合っている相手の人が、結婚をしていると想像しているからです。
ですから、愛人ということを想像すると、やっぱり結婚をしているひとの愛人であろうとおもったりするのです。

 

実際に、私の周りの人も愛人をしているという人がいました。
その人は、相手の人がやっぱりん結婚をしている人でした。
しかし、そのことについて、全く嫌な感じをもっていなかったというのです。

 

私の前なので、そのように思っていたのかも知れないのですが、その人はその人なりのプライドで、そのようにわりきって付き合っていたのかも知れないとおもったりしています。

 

もしも愛人として、とても愛しすぎてしまった時には、多分冷静な感情がなくなってしまうかもと想像したりします。
そのため、愛人として付き合っている人は、そのことを意識をして、踏み込んではいけないところや、その他の大切にしないといけないところ等を、特熟知して付き合っていると思っています。

 

そしてそのことを考えた時、愛人というのは、立派な仕事をしている状態とも思ったりしています。
決して感情を暴露することがない、素晴らしい愛人であって欲しいと感じています。

 

パパ募集・パパ探しに最適な3つの掲示板とは?